脇の黒ずみにレモンを使うのは、あまり適していない理由とは

脇の黒ずみ レモン 

 

このサイトでも幾つか方法をご紹介していますが、脇の黒ずみに良いとされる方法というのは結構な数があります。

 

その中には良い方法もありますが、割合で言うと適していない方法が多いです。
無駄ならまだしも、悪化させる可能性があるのは避けるべきですよね。

 

今回のテーマであるレモンも、脇の黒ずみに使えるとされている物です。
レモンなら安いですし、手軽にケアが出来ますよね。

 

ですが、実際はレモンは脇の黒ずみに使うのには不向きです。
今からやろうと考えているなら、再考する方が良いです。

 

今回はどうしてレモンを黒ずみに使うのは微妙なのか、それについて詳しくご紹介していきます。

 

本題の前に、脇の黒ずみの原因を抑える!

 

 

 

黒ずみとレモンの結論に入る前に、脇の黒ずみの原因を抑えるのが先決です。

 

というのも、黒ずみ発生の原因を知ることで、ケアする為のポイントが分かります。
その結果、レモンを黒ずみに使う事の是非も分かるのです。

 

それに原因を知ることで予防にも役立つことができます。
なので、先に原因を抑えておきましょう。

 

脇の黒ずみ発生の原因は2種類に分けられる

 

脇に黒ずみが出来てしまう理由ですが、2種類に分類できます。
細かく見ればいろいろ有りますが、集約すると2種類になるのです。

 

  1. メラニン色素が沈着したから
  2. 皮脂が詰まったり、角質が溜まったから

もし黒ずみが出来た場合には、上記の2種類のどちらかになります。

 

この記事ではレモンがテーマです。
なので、原因が2種類あることを抑えておけば十分です。

 

原因から分かる、脇の黒ずみのお手入れのポイント

 

 

 

黒ずみが発生する原因を知ると、とるために何をすれば良いのかが分かりますよね。
今回の場合、、、

 

  • メラニン色素が沈着させないようにする
  • 皮脂が詰まったり、角質が溜まらないようにする

ということが、ポイントだと言えます。

 

それでは、一体どのようなことを心がければよいのでしょうか。
特に重要だとされているのは、スキンケアです。

 

黒ずみは保湿重視のケアをする!

 

別にスキンケアに限りませんが、何事でもそれに合った方法をやるのが重要ですよね。
脇の黒ずみの場合も、黒ずみに合った方法でケアをすることが必要です。

 

では、黒ずみにどういうケアが必要なのかと言うと保湿重視です。
ですが、正確には3種類の成分が必要です。

 

  1. 保湿
  2. 美白
  3. 消炎

保湿だけじゃなく、美白と消炎ということも必要です。
炎症はメラニン生成の一因ですし、美白ケアでメランの生成を抑えられるからです。

 

この中でも、出来れば美白成分は有効成分を使うことがベターです。
何か美白ケアを行なうなら、その成分が有効成分なのかも見ておきたいですね。
有効成分というのは国が審査をし、一定の作用を認めた成分を指します。

 

脇毛の処理方法なども見直すことも必要!

 

黒ずみはスキンケアが重要ですが、それだけでは不十分です。
というのも、色素沈着や角質蓄積などは普段の生活などにも原因があります。

 

  • 脇毛を自分で処理しない
  • 脇はゴシゴシ洗わない
  • 不摂生な生活は改める

という事が必要になります。

 

スキンケアが重要ですが、それだけではないことに注意してください。

 

レモンは脇の黒ずみに有効なのか

 

脇の黒ずみにレモンを使うのは、あまり適していない理由とは 

 

脇の黒ずみの原因、とるためのポイントを抑えた所で本題です。
では、レモンを使うことは黒ずみをとるのに有効なのでしょうか。

 

結論を言えば、答えはNOです。
使うこと自体、このサイトとしてはおすすめしません。

 

レモンが黒ずみに使うのは微妙な理由

 

端的に言えば、推されている理由が実は逆に適していないからです。

 

レモンが黒ずみケアで推されているのは、クエン酸とビタミンCがあります。
クエン酸のピーリング作用、ビタミンCの美容効果がプラスだと言う理屈です。
ですが、どちらも黒ずみに使うのには微妙なのです。

 

クエン酸のピーリングは逆効果の可能性もある

 

クエン酸を水と混ぜて塗ることで、ピーリング作用があるとされています。
これが黒ずみをとるのに使えるというロジックです。

 

確かに一見有効に見えますが、これは肌への負担が大きいです。
ということは、これをやるとメラニンが生成される可能性があります。
新しく黒ずみが増えることになるので、あまり良い方法ではありません。

 

レモンのビタミンCは浸透しない

 

レモンにはビタミンCがあるので、これで美白ケアが出来ると推されています。
が、レモンを黒ずみに塗ってもビタミンCは浸透しません。
むしろ肌のバリア機能で破壊されて終わりです。

 

ビタミンCはそのままでは肌に浸透しないのです。
だから、人工的にビタミンC誘導体なるものが作られたのです。

 

レモンより脇の黒ずみを効果的にとる方法とは

 

 

 

レモンを使う位なら、脇の黒ずみ用のクリームなどを使う方が遥かに良いです。
専用だけに、ケアに必要な成分などが含まれているからです。
市販クリームか、通販クリームがあります。

 

市販のクリームを使う場合

 

ニッチなので数は多くありませんが、市販でも黒ずみクリームがあります。
ドラッグストアに行けば、何個か見つかると思います。

 

成分は問題ないと思いますが、出来れば脇専用の方が無難です。
脇はデリケートなので、市販品だと脇専用以外は合わない可能性があるからです。
手頃な値段のデメリットとして、安価な成分で作られているからです。

 

またレモン同様に、市販の万能アイテムを黒ずみに活用するのも微妙です。
どれも専用品と比べれば劣りますし、むしろ黒ずみ悪化のリスクもあります。

 

市販品はそれほど高くもないですから、専用の物を選ぶ方が絶対に良いです。

 

早く黒ずみとバイバイしたいなら通販クリーム

 

早く結果を得たい場合には、通販クリームがおすすめです。
市販と比べると黒ずみに良い成分が多い(後述)ので、早く結果を得られやすいです。

 

市販品を全否定はしません。
専用の物なら、黒ずみのケアに必要な物は含まれているからです。

 

但し、市販品は商品本来の価格はかなり安いです。
販売価格は広告費、問屋などを介したマージン、店頭での人件費等が含まれています。

 

通販だと直接販売できますから、余計なコストは少ないです。
その分、良い成分を配合出来るのです。

 

黒ずみの通販クリームならアットベリーが最適

 

 

 

脇の黒ずみに使える通販クリームなら、アットベリーが最適です。
通販のクリームですから、市販よりも優れた点が多いんです。

 

黒ずみケアに必要な成分が豊富

 

大前提ですが、保湿と美白、消炎成分は全て含んでいます。
市販と大きく違うのは使用成分の種類(量)です。

 

  • 保湿成分:6種
  • 美白成分:5種
  • 植物成分:5種

と各成分が豊富です。
ちなみに美白成分は、5種のうち2種類は有効成分です。

 

脇に関するケアが一通り出来る

 

黒ずみはターンオーバー(お肌の生まれ変わり)で進んでいきます。
このターンオーバーの周期が、大体1ヶ月前後です。
なので、月ごとに進んでいくことになります。

 

使い方も重要なのですが、アットベリーは1日朝晩の2回塗るだけです。
オールインワンタイプなので、1個を塗るだけで黒ずみケアが終わります。

 

殺菌消臭効果があるとされる桑エキスなども使われており、脇の臭い予防も可能です。
黒ずみだけじゃなくて、脇をキレイにするための一通りのケアが出来るのです。

 

実績もあり、保証も付いている

 

黒ずみケアに必要な要素が満たされており、アットベリーは皮膚科医もおすすめしているクリームです。

 

 

 

医師が監修するサイトで、紹介された実績があります。
また脇脱毛で人気のサロン、ミュゼでも採用されています。

 

もし使って満足できない場合、返金保証も使えます。
お肌に合わないだけじゃなく、黒ずみに満足できない場合も保証が使えるので安心です。

 

 

 

私自身も、アットベリーに変更して脇をきれいにできました。
保証もあるので、黒ずみに悩んでいる方は是非使ってみてください。

 

アットベリーの公式通販はこちら!

 

まとめ

 

脇の黒ずみは、ポイントを抑えれば自宅でもケアが可能です。
その場合、保湿を筆頭に美白と消炎の3種類のスキンケアが必要です。

 

レモンはお肌への負担を掛ける可能性があります。
レモンのビタミンC自体は浸透しませんので、使うこと自体が不向きです。
レモンを使う位なら、市販品の黒ずみ用クリームの方が良いです。

 

もし早く黒ずみを何とかしたいなら、通販クリームがおすすめです。
ご紹介したように黒ずみはもちろん、脇へ有用な成分が多いからです。
黒ずみはもちろんですが、市販よりも早く脇をキレイにしやすいです。

 

このサイトでは実際にアットベリーを使った体験談や、最安値の購入方法もご紹介しています。
興味がありましたら参考にしてみてください。

 

アットベリーを楽天やAmazonより最安値で購入しました!